1. Flashのセーブデータが消える問題について

Flashのセーブデータが消える問題について

Adobe Flash Player 10.3から、ブラウザでCookieの削除を行うとFlashのセーブデータも一緒に削除されるようになりました。自分でCookieの削除を行わなくても、ブラウザでCookieを自動で削除する設定になっていると、セーブデータが消えてしまう可能性があります。大切なセーブデータを守るためにも、今一度ブラウザの設定をご確認ください。

Internet Explorer 9の場合

  • ツール » インターネットオプション » 全般 » 履歴の削除
  • 「終了時に閲覧の履歴を削除する」の項目にチェックが付いている場合、どちらかの作業をしてください。
    • チェックを外す。
    • 「削除」ボタンを押して「閲覧と履歴の削除」を出し、「Cookie」の項目に付いているチェックを外して、「キャンセル」で閉じる。
  • 「インターネットオプション」は「OK」で閉じてください。

Internet Explorer 10~11の場合

  • ツール( マーク) » インターネットオプション » 全般 » 閲覧の履歴
  • 「終了時に閲覧の履歴を削除する」の項目にチェックが付いている場合、どちらかの作業をしてください。
    • チェックを外す。
    • 「削除」ボタンを押して「閲覧と履歴の削除」を出し、「クッキーとWebサイトデータ」の項目に付いているチェックを外して、「キャンセル」で閉じる。
  • 「インターネットオプション」は「OK」で閉じてください。

Firefox(最新版)の場合

  • メニュー( マーク) » オプション » プライバシー » 履歴
  • Firefoxに「履歴を一切記憶させない」場合:「履歴を記憶させる」か「記憶させる履歴を詳細設定する」に変更してください。
  • 「履歴を記憶させる」場合:問題ありません。
  • 「記憶させる履歴を詳細設定する」場合
    • 「サイトから送られてきたCookieを保存する」の項目にチェックが入っていない場合は、(そのままでも問題ありませんが)チェックを入れるようにしてください。
    • Cookieを保存する期間が「Firefoxを終了するまで」になっている場合は、「サイトが指定した期日まで」に変更してください。(※Flashのセーブデータは期日が無いため、この設定で大丈夫です。)
    • 「Firefoxの終了時に履歴を消去する」の項目にチェックが入っている場合、チェックを外すか、「設定」ボタンを押して「履歴の消去設定」ダイアログを出し、「履歴」の「Cookie」のチェックを外して「OK」で閉じてください。
  • 「オプション」は「OK」で閉じてください。

Google Chrome(最新版)の場合

  • 設定( マーク) » 設定 » 一番下「詳細設定を表示」をクリック » プライバシー
  • 「コンテンツの設定」ボタンを押してダイアログを出し、Cookieの項目で「ローカルへのデータ設定を許可する(推奨)」を選択し、「完了」で閉じてください。
  • 設定タブを閉じてください。

クリーナーソフトを使用する場合も十分ご注意を!

PC内の不要なファイルを削除する「CCleaner」などのクリーナーソフトを使う場合、Flashのセーブデータが削除されてしまう場合があります。クリーナーソフトを使う場合は、必ず設定を確認してください。